プロペシアは病院で受診しなければ購入することができない薬ですが個人輸入をすることで海外から取寄せることが可能です。

個人輸入のメリット・デメリット

男性型脱毛症の治療薬として利用されているプロペシアは、医師の診断により男性型脱毛症と言う診断が下された場合、医師の処方によりプロペシアが処方され、この薬を使って治療を進めることで薄毛の症状を抑えることが出来ます。
しかし、プロペシアというのは男性型脱毛症が自由診療であり、健康保険が適用しないことからも、全額自己負担ということになります。

最近は、インターネットと通販サイトでプロペシアを購入する事も可能になっているのですが、これは個人輸入代行によるものであり、専門クリニックなどで処方されるものと比較をしても安く入手が出来ると言うメリットが有ります。

尚、個人輸入代行となるインターネット通販を利用する場合の注意なのですが、中には偽物となる薬を販売している所が有ると言う事なのです。
安いからと言って購入をしてしまうと、効き目がないと言う事も有ります。
また、通販サイトの場合などでは品質についても重視していく必要が有ります。
正規品と言うものであれば品質が良いかと言いますと、それは違うのです。

正規品のプロペシアの中には使用期限が短いものなどが有ると言われており、いくら安いからと言ってもこのような品質の悪い物を購入しては意味がないのです。
また、粗悪なものや偽物を販売する通販サイトも有ると言われています。
このような通販サイトというのは、粗悪なものや偽物が販売されていたなどの口コミなどの噂が広まる事で、名前を変えて別のサイトとして同じような商品を販売する傾向が有ると言われており注意が必要なのです。

尚、インターネットの中には口コミ情報を掲載しているウェブサイトが有りますので、口コミを参考にして品質が高く、しかもリーズナブルなプロペシアを選ぶ事が大切なのです。